太ももを細くする方法!TOP > 太ももダイエット! > 縄跳びについて!

縄跳びで太ももが細くなるのか?


縄跳びの画像

太ももを細くする方法の1つに縄跳びがあります。

縄跳びと言えば、よく小中学校の頃にやっていたと思います。

でも、なんで縄跳びで太ももが細くできるのか?

一体、どんな効果があるのか気になるところでしょう。

ちょっとした場所があれば、簡単に縄跳びはできますからね。

そこで、ここでは・・・

  • 縄跳びの効果について!

  • 縄跳びで足が太くならない?何分ぐらいやればいい?

  • より効果的に行うには?

  • 縄跳びで注意することは?


これらについて解説しています。

脚が太いと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。


縄跳びの効果について!


縄跳びを行うとどのような効果があるのでしょうか?

具体的には・・・

・脂肪燃焼
・筋肉増強
・むくみ解消


これらの効果が期待できます。


脂肪燃焼


先ず、縄跳びは、続けて行うことで有酸素運動になります。

効果としては、脂肪燃焼です。

ジャンプを続ける事で、体全体を引き締め、太ももはもちろんの事、お尻回りの脂肪にも効果が期待できるでしょう。


筋肉増強


縄跳びを行うことで、特にふくらはぎの筋肉が鍛えられます。

なので、筋肉増強の効果も期待できます。

適度に筋肉をつければ、代謝アップに繋がり脂肪が燃焼されます。


むくみ解消


ふくらはぎは、別名、第二の心臓とも呼ばれています。

ふくらはぎを鍛えると血流が改善されます。

また、血流を改善させることで、下半身に溜まった老廃物や疲労物質が流れます。

なので、むくみが解消されて、太ももも細くすることに繋がります。

・・・・

このように縄跳びをやることで様々な効果が期待できるというわけですね。


縄跳びで足が太くならない?何分ぐらいやればいい?


縄跳びをやると筋肉が付いて、逆に太くなるイメージがありますよね。

ですが、そんなに心配することはありません。

確かに縄跳びを毎日、長時間やり続ければ筋肉で太くなります。

それに、実際やると縄跳びは案外きつい運動なんですね。

なので、そんなに長時間できるものではありません。

では、太ももを細くするためにはどのぐらい行えればいいのか?

これに関しては、特に決まりはないです。

目安としては・・・

3分を1セットとして、

1日に3〜5セットも行えば十分でしょう。


基本的には、自分の体力や体調に合わせて調節すればいいと思います。


より効果的に行うには?


可能であれば・・・

効果的に縄跳びをやり、短期間で太ももを細くしたいでしょう。

その場合は、先ず、無酸素運動を行うことです。

それから縄跳びのような有酸素運動をやってみてください。

無酸素運動〜有酸素運動

すると、効率よくダイエットが可能になります。


では、具体的に何をやればいいのか?

それは、スクワットを行ってから、縄跳びをすること!

スクワットを10〜20回を1セットとして

これを2〜3セット行った後に縄跳びを行いましょう。

※スクワットのやり方はコチラで解説!


縄跳びの跳び方ですが・・・

・片足で交互に跳ぶ
・走り跳び
・二重跳び


これらの方法があります。

普通に縄跳びをするのもいいですが、片足で交互に跳んだり、走り跳びや二重跳びなどをすることで、より負荷をかけることができます。

慣れてきたら徐々にスピードをアップさせるとより効果的です。


縄跳びで注意することは?


縄跳びで注意することもあります。

それは・・・

・縄跳びの前にストレッチを行うこと!
・ブラシャーをして行うこと!
・縄跳びをやる場所を考えること!


これらがあります。


縄跳びの前にストレッチを行うこと!


先ず、始める前は、ケガ防止のために軽くストレッチすることです。

いきなり、縄跳びを行えば、滑って転倒することもあります。

また、縄跳びは、絶対に無理をしないことも大事です。

いくら短期間に太ももを細くしたくても、

無理をすれば膝や腰を痛めてしまうので注意してください。


ブラシャーをして行うこと!


縄跳びを行う際は、必ず、プラジャーを着用しましょう。

縄跳びはジャンプの繰り返しなので、胸が上下に揺れます。

最悪、胸が垂れてしまいます。

ですので、必ず、ブラを付けてくださいね。


縄跳びをやる場所を考えること!


縄跳びを行う際は、やる場所を考えるようにしましょう。

特にマンションやアパートなど屋内で行うと、

ドタン・バタンと騒音問題になるので気をつけてください。

・・・

これらの事を気をつけて縄跳びを行いましょう。

縄跳びであれば、太ももの他に、二の腕痩せなど、

全身のダイエットにもなるのでやらない手はありませんね。